ニッサン フェアレディーZ  をフィアットの952(ブルーヴォラーレ)にて全塗装を行いました

愛知県よりお越しのお客様のニッサンフェアレディーZをフィアットの952にて全塗装を行いましたので作業内容を公開させていただきます。

では早速、入庫時の写真になります。今回のフェアレディーZは過去にも全塗装を行っている車両です。残念ながら経年劣化とともに、トランク部やリアパネルのクリアー剥がれが発生してしまい、再度、全塗装を行う運びとなりました。トランクの前部のリアパネルはクリアー剥がれを隠すために黒色のカッティングシートが貼られています。また、左ステップ部はこすりによるへこみもありましたので、同時に修正を行います。

では、作業に入っていきます。傷の確認後は通常通りに分解作業を行い、下処理から行っていきます。

サイドステップ部も修理を行い、きれいな形の整えていきます。また、トランク、リアパネルについては、古い塗膜を剥離後に、下処理を行っていきます。

この後、パーツごとに分けて塗装を行っていきます

パーツの塗装後はメインディッシュのボディーの塗装に入ります。今回はオープンカーですので、いつものマスキングとは少し雰囲気が違います。

ちなみに、オープンカーは日本車に。コンバーチブルはアメリカ車。カブリオレは欧州車で使い分けるようですが、キャデラックにも、ル・カブリオレが社外ビルダー制作モデルでありました。

本来ですと雨風をしのぐ目的のルーフですが、それと引き換えに得られる解放感はやり特別なものなのでしょう。

過去のCMでイチロー氏の 

「クルマはただ、移動するためだけの道具じゃない」 

「もし、クルマがただの便利な道具ならクーペなんかいらない」

のセリフが強く印象に残っています。

ボディーの塗装が終了した状態です。元色よりも濃い水色になっています。

最後に、組付け磨き後の完成した状態です。以前の水色よりも濃い色になり、とてもかわいい印象になりました。

今回のフェアレディーZは過去に一度全塗装を行った車両でした。生産されてからの年数が経過するほど、塗膜の劣化は発生しやすくなってしまいます。

また、再塗装の回数が増えるほど、塗装後のトラブルの発生する確率も増えてしまうのが現状です。それを防ぐには、より確かな知識や、より正確な作業が求められます。

全塗装のことなら、ぜひ経験豊富な当店までお気軽にお問い合わせください。