ホンダライフをブラックパープルに全塗装

ホンダライフの黒をブラックパープルに全塗装しました。

今回のお客様は、黒色からの全塗装で、「暗い感じの紫がいい!」と希望されていました。すでに下調べを行っており、某ショッピングサイトにて販売されていた自動車専用塗料の画像をお持ちになっての来店でした。販売されていた色は、メーカー純正色ではなく、オリジナルのカラーとして販売されており、実際の色味やメタリック感などがわからない状況でしたが、「それでもこの色でお願いします」という事でしたので、実際に塗ってみないとどのような色になるかわからないことを承諾いただいたうえで、持ち込み塗料を使用しての全塗装となりました。
作業を進める過程で何度か御来店いただき、ミラーなどの小物を塗装した状態の色を確認していただき、「イメージ通りの色です」とのお言葉を頂戴いたしましたので、ボディーの塗装作業に入らせていただきました。
また、純正エアロの塗装も同時に希望されており、取り外し後に単品での塗装も行いました。
ボディーの状態においては、運転席と右リヤドアに大きな凹みがあり、その他にも小さな凹みが何か所かありましたが、同時に板金修理を依頼されました。今回は持ち込み塗料を使用するという事もあり、いくらかのお値引きをさせていただきました。
元色が黒色でしたが、塗装後の黒紫感には「イメージ通りカッコよくして頂きありがとうございます」とのお言葉を頂けました。

 

LINEで問い合わせ

では、全塗装前のホンダライフの様子です。


ホンダライフの一部板金作業を公開します。
運転席側のアウターハンドルの下側に大きな凹みがありましたので、板金作業をおこないました。
本来ならば、ドアの交換をしたうえでの塗装お勧めする状況でしたが、「可能な限りで修理してくれれば構いません」とのことでしたので、ドアの板金修理をさせていただきました。

凹み部分の下地処理を行い、パテを盛っていきます。パテは主に凹んだり欠けたりしている部分を埋めたり整形したりする粘土のような物です。盛った後は、デコボコしている為、紙やすりなどを使用しあて板をして、平らにしていきます。そのあと、塗料との食いつきをよくし、剥がれにくくする為にサフェーサーを吹きます。


こちらが凹み部分の塗装前【左】と塗装後【右】の写真になります。
この写真では」少しわかりにくいですが、アウターハンドルの下側にゆがんでおり、大きな凹みがあります。塗装後は、凹み部分がなくなっており、表面には、背景が綺麗に映っております。

ホンダライフの塗装後になります。

ホンダライフのブラックパープルに塗装後のフロント回りの写真になります。蛍光灯が映り込んでいるのがわかります。


塗装後のサイド側の写真になります。


塗装後のドア内側の写真になります。
この写真ではパープルの色味がよくわかります。

最後に、ホンダライフの全塗装作業開始前【左】と全塗装作業完了【右】を公開します。

フロントの写真になります。


右ドア側の写真になります。

そして一番気になる全塗装の価格ですが、今回のライフはクラスになり、ドア内塗装ありの料金の22万9千円プラス板金作業台とエアロ塗装代合わせて5万5千円からのお値引きで合計26万4千円でした。

その他、気になることや、疑問点、不明な点はお気軽にこちらへお問い合わせください!